PR

ニュース 社会

熊谷6人殺害で遺族が埼玉県提訴 不審者情報の周知怠る

ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告
Messenger

 埼玉県熊谷市で平成27年9月、男女6人が殺害された事件で、妻子3人が犠牲になったのは県警が不審者情報の周知を怠ったためだとして、遺族の男性(45)が14日、県を相手取り約6400万円の損害賠償を求める訴訟をさいたま地裁に起こした。

 訴状などによると、ペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(33)=強盗殺人などの罪で死刑判決、東京高裁に控訴=は27年9月13日、任意同行先の熊谷署から逃走し、翌14日~16日、住宅3軒で住民6人を殺害した。県警は14日に最初の殺人事件を認知し、被告を全国手配したにも関わらず、周辺住民に不審者情報を周知しなかった。こうした県警の対応が警察官職務執行法に違反するとしている。

 男性は提訴後の記者会見で、県警が犯人逃走の一報を知らせなかった理由を「正直にいってほしい」と切実に訴えた。原告代理人の高橋正人弁護士は「(情報周知があれば)住民も鍵をかけたりと防衛手段をとれたはず」と話す。

 県警は「訴状を受け取っていないので、コメントは差し控える」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ