産経ニュース

「期待と信頼に応える」新旧警視総監が会見

ニュース 社会

記事詳細

更新


「期待と信頼に応える」新旧警視総監が会見

第95代警視総監に就任し、記者会見をする三浦正充氏=14日午後、警視庁 第95代警視総監に就任し、記者会見をする三浦正充氏=14日午後、警視庁

 第95代警視総監に就任した三浦正充総監(58)と退任した吉田尚正前総監(57)が14日、警視庁本部で引き継ぎを行い、それぞれ記者会見した。

 三浦総監は「課せられた使命を着実に果たし、都民・国民の期待と信頼に応えていきたい」と抱負を述べた。

 来年4月に迫った天皇陛下の譲位や2020東京五輪・パラリンピックなどを踏まえ、「国内外から注目される極めて重要な行事が続く。積極的に関係機関や民間企業、地域住民との連携を深め、官民一体となったテロ対策の万全を期していきたい」と語った。刑法犯認知件数が減少傾向にある中で被害が増えている特殊詐欺への対策のほか、重要未解決事件についても「必ず犯人を検挙するという強い信念を持って捜査を進める」と力を込めた。

 吉田前総監は1年間の在任期間で印象深かった事件として、神奈川県座間市で男女9人が殺害された事件を挙げ、「犯罪史上まれに見る事件。9人の方が残念ながら犠牲になったが、高尾署員らの適切な初動捜査で犯人を検挙し、以後の被害を防止することができた」と述べた。

 また、在任中に管内102の全警察署に足を運んだことに触れ、「管内をくまなく回り、文字通り全力疾走して三浦新総監にバトンを渡すことができたと思う」と振り返った。

このニュースの写真

  • 「期待と信頼に応える」新旧警視総監が会見

「ニュース」のランキング