PR

ニュース 社会

【東日本大震災】海外メディアが発生7年半の被災地視察 「復興五輪」成功願う

「女川いのちの石碑」前で、地元の青年を取材する外国人記者団=8日午後、宮城県女川町(黒沢潤撮影)
Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピックを取材する外国人記者約20人が今月上旬、東日本大震災発生から7年半となるのに合わせ、東京都の招待で被災地を視察した。巨大津波に加え、6日に起きた北海道地震や台風で多くの日本人が心に傷を負う中、記者団からは“復興五輪”を理念とする東京五輪の成功を願う声が相次いだ。

 「日本は広島・長崎への原爆投下だけでなく、甚大な津波被害からも立ち直った。私の母国ではかつて、『日本はいつか沈む』という物騒な予言も語られたが、神は日本人に(困難克服のための)“戦う力”を与えていると思っている」

 太平洋に面したジグザクの陸地が特徴の宮城県女川町で、インド人のオムプラカシュ・ムンドラ記者(68)はこう強調した。

 7年前、巨大津波が襲った女川町では800人超の命が奪われた。破壊された建物などの廃棄物は44万トン(町の通常廃棄量の約115年分)にも上る。

 「辛い状況にあっても、歩み始めなければならないとの決意を固め、歩み始めた」と須田善明町長が力説するように、女川町は今、再建のまっただ中にある。

 パキスタンのアブドゥル・ラヒム記者(49)は「故郷を破壊された町民には2つの選択肢があった。一つは、ここから他の町へ逃げ出すこと。もう一つは町にとどまり、(惨状と)戦い、復興させること。大半が後者だった。勇敢というほかない」と力を込める。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ