PR

ニュース 社会

福島市に4500万円賠償命令 側溝転落、後遺症の女性に 福島地裁

Messenger

 福島市の市道で夜間、側溝に転落し脊髄を損傷する重傷を負い後遺症に苦しむ同市の女性(82)が、転落防止を怠った市に管理責任があるとして、市に約1億4000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福島地裁は11日、市に約4500万円の支払いを命じた。

 判決によると、女性は平成25年10月11日午後6時ごろ、自転車を押して同市方木田の市道路側帯を歩いていて、深さ最大90センチ、幅約1.2メートルの側溝に転落、四肢にまひが残る重傷を負った。現場はガードレールが途切れ街灯もない場所で、女性は道幅が広がったと思い込んで側溝へ進んだという。

 遠藤東路裁判長は「転落場所に柵や注意を促す看板や照明があれば、事故は回避できた」と指摘。慰謝料のほかリハビリや介護費用などの損害を認めた。一方で、女性にも安全に注意して通行するべきだったとして、一部を減額した。

 福島市は「事故は、もっぱら女性の前方不注意によるものだった」と主張していた。判決に、木幡浩市長は「道路は国の基準以上に安全性に配慮して管理している。今後の対応については判決の内容を精査し、検討していく」とのコメントを発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ