PR

ニュース 社会

「責任痛感」と新潟県教育長 高1自殺の報告書に

Messenger

 平成28年11月、学校でのいじめを相談していた新潟市西区の県立高1年の男子生徒=当時(15)=が電車にはねられ自殺した問題で、県教育委員会の池田幸博教育長は11日、適切な対応を取らなかった学校側に根本的な原因があると指摘した第三者委員会の報告書提出を受けて「子供の命を守れず、責任を痛感する」と述べた。

 報告書の指摘については「なぜそうなったのか検証しないといけない」との姿勢を示し、学校側に対する県教委の管理、監督が十分ではなかった可能性もあるとした。

 第三者委が新潟県内で生徒のいじめや自殺が後を絶たない現状を「緊急事態」と位置付けた点には「危機感を共有し、再発防止に努める」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ