PR

ニュース 社会

強要容疑で本紙記者逮捕

Messenger

 山形県警山形署は11日、強要の疑いで、仙台市青葉区梅田町、産経新聞東北総局記者、伊藤寿行(としゆき)容疑者(55)を逮捕した。

 逮捕容疑は5月18日から19日までの間、山形県内の20代女性の携帯電話にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用し、「あなたを道連れにして地獄に落ちます」などと復縁を迫り、応じなければ危害が及ぶという趣旨のメッセージや画像を送信して脅迫。女性に「復縁を約束します」などの内容のメッセージを送信させたとしている。同署によると、「やったことは間違いない」と容疑を認めている。

産経新聞社広報部の話

 「当社の記者が逮捕されたことを重く受け止めています。事実関係を確認した上で厳正に対処します」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ