産経ニュース

【米中枢同時テロから17年】息子の姿捜し続け… 目黒区の住山さん 今年もニューヨークへ 

ニュース 社会

記事詳細

更新

【米中枢同時テロから17年】
息子の姿捜し続け… 目黒区の住山さん 今年もニューヨークへ 

17年たった今も、息子の生きた証しを捜し続ける住山さん=東京都目黒区の自宅 17年たった今も、息子の生きた証しを捜し続ける住山さん=東京都目黒区の自宅

 日本人24人を含む約3千人が犠牲になった2001年9月の米中枢同時テロは11日で丸17年を迎える。旧富士銀行(現みずほフィナンシャルグループ)ニューヨーク支店に勤務していてテロに巻き込まれた杉山陽一さん=当時(34)=の父で、東京都目黒区に住む無職、住山一貞さん(81)は今も、息子の“生きた証”を捜し続けている。

 17年前のこの日の真夜中。「お子さんが見つかりません」。住山さんは陽一さんの勤務先から一報を受けた。

 数日後に渡米し、第3子を妊娠中だった陽一さんの妻とともに、陽一さんの写真をニューヨークの街角に大量に貼って情報を募った。だが、手掛かりを得られないまま帰国した。

 3カ月後、ニューヨークの裁判所は陽一さんの死亡宣告書を出した。

 「遺体が見つかっていないから、息子の死を肯定できないし、泣くこともできない。祈ることもできない。行き場のない悲しみの渦の中で、地獄のような苦しみを味わった」

 ようやく遺体が見つかったのは同時テロから約半年後だった。見つかったのはごく一部だけ。ブロンズの箱に納められた「小石ほどの遺骨」(住山さん)だったが、ようやく現実を受け入れることができた。

続きを読む

「ニュース」のランキング