PR

ニュース 社会

前橋市教委不正アクセスで教育長が月額給与1割を自主返納 3カ月間、総額23万円

Messenger

 前橋市教育委員会のサーバーが不正アクセスを受け、児童、生徒ら約4万8000人分の個人情報が流出した恐れがある問題で、塩崎政江教育長は10日、今月から11月までの3カ月間、月額給与の1割を自主返納する意向を示した。返納額は総額約23万円としている。

 あわせて、根岸隆夫教育次長ら4人が厳重文書注意、他の関係職員3人も文書注意の訓告処分となったことも明らかにした。処分はいずれも10日付。

 塩崎教育長は「子供たちや保護者の方を不安にさせ、市の信用を傷つけたことに責任を感じている」と話した。10日の時点で情報流出は確認されていないという。

 不正アクセスは3月に発覚。原因究明と再発防止策の検討を行うために立ち上げられた第三者委員会が6月、組織の見直しなどを市教委に提言。市教委は8月9日、セキュリティー対策の実施方針を発表し、再発防止に努めるとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ