PR

ニュース 社会

【スルガ銀不正】不正常態化 役員も関与 刑事責任焦点に

不正融資問題に関する第三者委員会の調査報告書公表を受け、記者会見するスルガ銀行の有国三知男新社長(中央)ら=7日午後、静岡県沼津市
Messenger

 スルガ銀行で役員も関わる不正融資が常態化していたことが7日の第三者委員会の報告書で判明した。仲介の不動産販売会社などと連携して融資書類を改(かい)竄(ざん)して年収などを水増しし、本来の水準を超えた金額をシェアハウスのオーナーに融資。返済に窮するなどしたオーナーの弁護団が告発状を警視庁に提出するなど追及は強まり、今後は刑事責任の有無が焦点となる。

 「そんなに預金ないだろう」。報告書などによると、営業部門から回ってきた融資書類をチェックする審査部門では勤続年数に比べて資産が多いなど不審点が話題になった。営業担当者に指摘すると、営業の所属長から「ふざけるな」などといわれ押し切られた。こうして蔓(まん)延(えん)した不正融資には一部の役員も「直接関与」していたという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ