PR

ニュース 社会

【スルガ銀不正】スルガ銀 経営抜本改革 支援体制 構築厳しく 薄いメリット、買収現実味なし

静岡県沼津市のスルガ銀行本店=7日夜
Messenger

 シェアハウス投資をめぐるスルガ銀行の不正融資問題。第三者委員会が「企業統治は機能不全に陥っていた」とする報告書を公表したことで、経営の抜本改革は不可避となった。スルガ銀は地方銀行として屈指の利益率を誇ったが、好業績を支えてきた個人向け融資での不正は経営への大打撃となる。金融市場では先行き不安が広がり、スルガ銀がメガバンクや他の有力地銀に経営支援を要請するシナリオも浮上。しかし支援体制構築は容易ではなく、経営立て直しの難航は必至だ。

 本業のもうけを示す業務純益7%増、最終利益16%増-。

 スルガ銀が平成29年3月期決算でたたき出した業績だ。同期の地銀全体の業務純益は18%減、最終利益は15%減だったことを踏まえれば仰天の数字だ。しかしその裏側では高利益率の維持を最優先するゆがんだ“利益至上主義”がはびこっていた。

 金融庁は、不正の舞台となった個人融資の新規受け付けを停止するなど一部業務停止命令の処分を検討。スルガ銀にとっては個人向け融資に次ぐ、「第2の柱」をいかに作れるかが再建のカギを握る。顧客に富裕層を多く抱えるなどの強みもあるが、顧客離れが深刻化すればダメージは必至だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ