PR

ニュース 社会

【北海道震度7地震】陸自東北方面隊、輸送艦で第2施設団派遣「全力で任務完遂」

海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」に乗り込む陸自の大型トラック=7日、仙台市宮城野区(千葉元撮影)
Messenger

 北海道で最大震度7を観測した地震の被災地を支援するため、陸上自衛隊東北方面隊は7日、船岡駐屯地(宮城県柴田町)の第2施設団などの自衛官約90人、大型トラック30台を海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」に乗せて仙台港を出港した。油圧ショベル10台、ブルドーザー15台などを積んだ別の船舶も苫小牧港へ向かった。8日に恵庭駐屯地の指揮下に入り、土砂災害現場の復旧支援活動などの任務にあたる予定。

 東北方面隊からは災害派遣部隊として、船岡、仙台(仙台市)、福島(福島市)、秋田(秋田市)、岩手(滝沢市)の各駐屯地から合わせて約210人の自衛官が派遣される。「おおすみ」は8日に苫小牧港に到着、別ルートからの派遣隊と合流する。

 第10施設群第4科長、伊藤優太1等陸尉(35)は震度5弱を観測した北広島市の出身。「地元に貢献できる機会でもある。被災された方のために、現地で与えられた任務を全力で完遂したい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ