PR

ニュース 社会

【北海道震度7地震】百貨店の臨時休業続く 一部に営業再開も

 列をつくってスーパーの開店を待つ人たち=7日午前8時51分、札幌市中央区
Messenger

 北海道で震度7を観測した地震で、6日に臨時休業を余儀なくされた道内の百貨店のうち、電力供給の復旧に伴って営業再開する店舗も一部に出てきた。

 三越伊勢丹ホールディングスによると、函館市内の函館丸井今井は電気が復旧し、7日から通常通り午前10時の営業再開にこぎつけた。ただ、いずれも札幌市内の丸井今井札幌本店、札幌三越は電気供給が不安定で、7日も引き続き臨時休業している。

 東急百貨店は、札幌市内の札幌店と千歳市内の千歳空港売店が7日も臨時休業。ただ、札幌店では7日午前10時から地下1階の食品売り場の一部を開けた。市民生活に直結する肉・魚などの生鮮食品や飲料などを販売しているほか、非常食など防災関連用品も扱っている。

 J・フロントリテイリングによると、大丸札幌店は停電が解消されたものの、交通機関の運休が続いているため従業員が出社できないことから、7日も臨時休業とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ