PR

ニュース 社会

【北海道震度7地震】札幌市が危険建物判定 200棟以上

 地震による土砂崩れで倒壊した建物の周辺を捜索する自衛隊員ら=7日午前9時7分、北海道厚真町(共同通信社ヘリから)
Messenger

 札幌市は7日、北海道の地震で被災した建物に立ち入れるかどうかを判断する「応急危険度判定」を始めた。水道管が破裂して道路が冠水するなどの被害が出た清田区内の200棟以上が対象。判定士の資格を持つ市職員約30人が同日中にも、柱の傾きや地盤の状況などから建物が使用できるかどうかを確認する。

 判定は二次災害を防ぐため市町村が実施する。判定結果に強制力はないが、危険と判定された場合は建物に立ち入り制限を求める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ