PR

ニュース 社会

【北海道震度7地震】ススキノ、ネオン消え「よく星が見える」「怖い」

停電で広告看板などが消えたままになっている札幌市中心部の繁華街ススキノ=6日午後6時28分
Messenger

 全国屈指の歓楽街「ススキノ」。普段はきらめくネオンが消え、様相は一変した。「すすきのでこんなによく星が見えるのは初めてだ。むしろ怖い」。タクシー待ちをしていた男性会社員(52)はそうつぶやいた。

 周囲は、すれ違う間際まで相手の顔がまったく見えないほどの暗さ。携帯をライト代わりに、足元を照らす人の姿も目立った。

 関東地方からゼミ旅行で来たという女子大生3人は「ここまで暗いとは思わなかった。女性だけなので余計に怖い。早く宿に戻ります」と語った。

 目印が分からず道に迷う外国人も。中国籍の男女グループは、近くのホテルに駆け込み、スタッフから地図を受け取っていた。

 炊き出し形式で焼肉など簡単な料理を振る舞う店も散見された。妻と利用していた会社員の小倉聡さん(40)は「電気なしで食べられる備蓄がなく、ススキノなら何とかなるだろうと足を運んだ。今日はまだ耐えられるが、こんな生活が続くのは辛い」とため息を漏らした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ