PR

ニュース 社会

男性受刑者が死亡 山形

Messenger

 山形刑務所(山形市)は6日、単独室で服役中の30代男性受刑者が同日午前4時ごろ、死亡したと発表した。持病があり、投薬治療中だったという。

 山形刑務所によると、6日午前3時ごろ、布団の上に座り、折りたたんだ掛け布団の上に顔を伏せた格好の男性受刑者を巡回中の職員が発見。呼び掛けに反応せず呼吸が確認できないため救命措置をとり消防に通報。約1時間後、搬送先の病院で死亡が確認された。山形地検が司法解剖して死因を調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ