PR

ニュース 社会

【北海道震度7地震】静岡県 情報収集体制構築 中部電には発電機車派遣要請

Messenger

 震度7の揺れを観測した北海道での地震を受け、静岡県危機管理部では6日未明から情報収集体制を構築。全国知事会などから応援要請があれば直ちに対応できるように準備している。県警、消防も同様に派遣準備を整えているが、今のところ支援要請はないという。

 また、北海道全域で停電が起きているため、中部電力には6日、北海道電力から「可能な限り多くの発電機車を送ってほしい」と要請があった。中部電は63台の発電機車を保有しているものの、台風21号の影響でいまだ三重県内の一部地域で停電が続いていることもあり、どのくらいの機材と人員を北海道に派遣できるか社内で検討している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ