PR

ニュース 社会

「だてメガネのマツモト」御用 ピンクの眼鏡で窃盗

Messenger

 民家に侵入し現金や携帯電話などを盗んだとして埼玉県警は6日、窃盗などの疑いで埼玉県朝霞市上内間木の解体工、松本尚利(ひさとし)容疑者(37)を逮捕した。「遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めている。縁がピンクの眼鏡をかけて犯行を繰り返していたことから、捜査関係者は「だてメガネのマツモト」と呼んでいた。

 逮捕容疑は5月31日午後7時半~6月1日午前4時半ごろ、自宅近くの民家に忍び込み、現金6万9千円と携帯電話1台などを盗んだとしている。

 県警によると、民家に住む自営業の男性(78)は同日、盗まれたため、新しい携帯電話を購入しようと販売店を訪問。店側が携帯電話の番号を調べると、盗まれた後に計7回の発信履歴が確認された。埼玉県警朝霞署に相談し、履歴を調べたところ、松本容疑者が浮上した。

 松本容疑者は余罪をほのめかしており、同県警は防犯カメラに映る眼鏡の特徴を確認するなどして裏付けを急いでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ