PR

ニュース 社会

【北海道震度6強地震】海自大湊が隊員と物資送る 青森県内でも支援の動き活発化

Messenger

 北海道で発生した地震で、青森県内でも救援、支援の動きが活発化している。

 海上自衛隊大湊地方総監部(むつ市)は、自主派遣という形で、多用途支援艦に食料や飲料、毛布などの生活用品と、被災した人たちの救急措置ができる衛生隊員3人を含む約50人の隊員が乗り込み、苫小牧市に向けて午前11時に大湊基地を出発した。

 また、県は北海道が求める支援ニーズ把握のため、職員6人を道庁に派遣した。

 県警は被災者の救出、救助活動のため警備部、交通部の広域緊急援助隊、機動警察通信隊合わせて40人を出動させる。

 一方、県教育委員会によると、県内の小学校28校が北海道に修学旅行に行っているが、全員の無事を確認しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ