PR

ニュース 社会

上智大生殺害事件から22年 警視庁が「不審な男」3D動画を公開

上智大生殺害事件の現場を再現した3D画像(警視庁のホームページから)
Messenger

 東京都葛飾区で平成8年9月、上智大4年の小林順子さん=当時(21)=が自宅で殺害され、放火された事件から9日で22年となるのを前に、警視庁亀有署捜査本部は6日、ホームページを更新し、当時現場付近で目撃された不審な男の様子を再現した3D動画を公開した。

 公開された動画は約1分半。当時の現場写真や目撃情報などから、犯行時間帯の午後3時55分ごろ、雨が降る中、傘を差さずに現場の家の前に立ち、2階方向を見上げる黄土色のコートを着た男の姿を再現した。

 捜査本部はこの男が事件について何らかの事情を知っているとみて、情報提供を呼びかけている。また、現場に犯人のものとみられるA型の血痕が残されていたことから、当時手指などにけがをしていた人物についても情報を集めている。情報提供は亀有署捜査本部(電)03・3607・9051。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ