PR

ニュース 社会

【北海道震度6強地震】震源の西10キロの活断層が動いた可能性 過去の地震より深い震源

今回の震源と周囲の活断層
Messenger

 今回の地震は震源の西側約10キロの場所に活断層「石狩低地東縁(いしかりていちとうえん)断層帯」が南北に延びており、東京大地震研究所の古村孝志教授は「この断層帯が活動した可能性が高い」とみている。

 石狩低地東縁断層帯は地下の断層面が東側へ傾斜している。地震のメカニズムは岩盤が東西方向に圧縮される逆断層型で、今回の地震も同じタイプだった。

 政府の地震調査委員会によると、同断層帯は全長100キロ以上で主部と南部に大別される。今回の震源に近い南部はマグニチュード(M)7・7以上の地震が30年以内に起きる確率は0・2%以下で、全国の主な活断層の中でやや高いとされている。

 古村教授は「平成28年の熊本地震ではM6・5の地震が起きた2日後、さらに大きな地震が起きた。今回も2、3日は特に厳重な警戒が必要だ」と強調する。

 ただ、この断層帯で過去に起きた地震は震源の深さが5~15キロだったのに対し、今回は37キロと深い点に疑問が残るという。

 北海道大の笠原稔名誉教授は「震源の正確な位置や余震活動の分布などを見た上でないと、断層帯との関係は判断できない」と話す。気象庁も現時点で関係は不明としている。

 笠原名誉教授によると、北海道は日高山脈を挟む形で東から太平洋プレート、西から陸側プレートによって押され続けている。このため逆断層型の地震が発生しやすく「今回は北海道では起きやすいタイプの地震」という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ