産経ニュース

【北海道震度6強地震】震度7の可能性も 気象庁会見「どこで強い地震起こってもおかしくない」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【北海道震度6強地震】
震度7の可能性も 気象庁会見「どこで強い地震起こってもおかしくない」

北海道で起きた震度6強の地震に関して会見する気象庁地震火山部の松森敏幸課長=6日朝、東京都千代田区の気象庁(桐山弘太撮影) 北海道で起きた震度6強の地震に関して会見する気象庁地震火山部の松森敏幸課長=6日朝、東京都千代田区の気象庁(桐山弘太撮影)

 一方、土砂崩れが発生した厚真町など震源地周辺に設置された地震計の一部からは、震度に関する観測データが送られてこない状態になっているという。うち厚真町京町の観測地点については「震度6強と推定している」と指摘。さらに、データ送信が不通となっている観測地点を除いた震度データをもとに作成された推計震度分布図では、少なくとも安平町と千歳市で震度7と推定されるエリアがあることを明かした。

 今後、職員を派遣するなどしてデータを直接回収するが、その中に震度7となっている地点があれば「(地震の最大震度は)7に更新される」とした。

このニュースの写真

  • 震度7の可能性も 気象庁会見「どこで強い地震起こってもおかしくない」

「ニュース」のランキング