PR

ニュース 社会

【北海道震度6強地震】「ドーン」突き上げる衝撃 暗がりに不安

すすきのの交差点では地震によって停電した影響で交通整備をする警察官の姿が見られた=6日未明、札幌市(蔵賢斗撮影)
Messenger

 「ドーン」。突き上げるような大きな衝撃があった後、揺れがしばらく続いた。6日未明、震度6強の地震で住宅倒壊や広範囲の停電などの被害が出た北海道。「怖かった」「死ぬかと思った」。暗がりの中、住民らは不安な声を上げた。

 札幌市中心部では、停電で信号機も止まり、警察官が交通整理に追われた。男性会社員(32)は「大きな揺れで目が覚めた。マンションのエレベーターも止まり、住民らは階段で1階に避難しなければいけなかった」と声を震わせた。

 住宅が倒壊した厚真町の男性職員は「役場は棚が倒れ、書類が散乱した状態。被害状況を確認している」と慌ただしい様子だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ