PR

ニュース 社会

トヨタが55万台リコール 配線不具合で火災の恐れ

Messenger

 トヨタ自動車は5日、エンジンルームの電気配線に不具合があり、車両火災が発生する恐れがあるとして、ハイブリッド車「プリウス」など3車種計55万3870台(平成27年10月~30年5月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 国交省によると、これまでにエンジンルームからの発煙1件が確認されている。ほかの2車種は「プリウスPHV」と「C-HR」。

 電気配線のうち保護カバーがない場所では、ほかの部品とぶつかり合い、走行中の振動でカバーが損傷し、配線のショートが起きる可能性があるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ