PR

ニュース 社会

風俗店利用のキャンセル料名目で130万円詐取容疑 男2人を逮捕

Messenger

 風俗店のキャンセル料などを名目に現金約130万円をだまし取ったとして、警視庁新宿署は詐欺容疑で、東京都東久留米市南町の風俗店従業員、波多野幸大(こうだい)容疑者(35)ら男2人を逮捕した。

 逮捕容疑は6月17日ごろ、新宿区歌舞伎町の路上で「未成年らと遊べる」などとして長野県に住む会社員の男性(21)をホテルに誘い、中国人女性(36)を派遣。キャンセル料などを名目に現金約130万円をだまし取ったとしている。

 事件をめぐってはこれまでに20~30代の男女3人が逮捕されており、波多野容疑者は犯行の指示役とみられるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ