PR

ニュース 社会

窃盗容疑の3等陸曹を免職 同僚から1万円盗み 三重

Messenger

 陸上自衛隊久居駐屯地(津市)は4日、同僚隊員の財布から現金1万円を盗んだとして窃盗容疑で書類送検された第33普通科連隊の男性3等陸曹(32)を懲戒免職処分にした。

 駐屯地によると、3曹は昨年4月26日、隊員が生活する生活隊舎で、同僚の机に入っていた財布から1万円を抜き取った。駐屯地の調査に「遊興費欲しさだった」と話しているという。

 同駐屯地の警務隊が昨年7月に書類送検。その後、同僚と示談が成立したため、不起訴処分となった。

 第33普通科連隊長は「誠に遺憾。今後同様の事案が発生しないよう指導を徹底する」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ