PR

ニュース 社会

「少しでも取り戻したい…」 ケフィア破産 本社前に契約者らの姿

ケフィア事業振興会の本社前で破産を知らせる張り紙を見る男性=3日午前、東京都千代田区
Messenger

 東京都千代田区のケフィア事業振興会の本社前には3日、出資した契約者らが駆けつけた。ビル入り口に破産手続き開始決定を知らせる紙が貼られ、立ち尽くす人の姿もあった。

 3年間で500万円を出資したという埼玉県の女性(75)は、息子から「ケフィアが破産した」とのニュースを知らされ、慌てて駆けつけた。「電話を何度かけても出ないので、直接担当者に会うために来た」と話したが、入り口は閉ざされ、中に入れなかった。女性は「事業を手広くやっていたので安心していた。だまされるとは思わなかった」と話した。

 約600万円を出資したという高齢の両親に代わって訪れた茨城県の40代の男性は「親が老後のためにためておいたお金を使ってしまったようだ。一部でも取り戻したい。悔しい」と憤った。

 被害対策弁護団が2日に都内で開いた契約者向けの説明会に参加した男性(66)は10年ほど前から計1000万円を出資した。「法律上の手続きが進んだことは前向きに受け止めたい」としつつ、「事業の実態が解明されることを期待する。少しでも多くお金を取り戻したい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ