PR

ニュース 社会

【太陽光発電は人を幸せにするか】(4)3メートル以上の高さのパイプに太陽光パネル 豪雨、強風に耐えられるのか

架台が非常に高い太陽光発電所。細いパイプで骨組みを作っている=平成29年9月、山梨県北杜市小渕沢町上笹尾(三枝玄太郎撮影)
Messenger

 北杜市太陽光発電を考える市民ネットワークの共同代表、中哲夫さん(68)らの案内で山梨県北杜市の太陽光発電所を見て回った。

 前回までにドラム缶を架台にした発電所、「ぬりかべ」のようなパネルを並べた県道沿いの発電所、民家の周囲に次々と建てられ、ついに訴訟となった発電所を紹介した。

 「まだまだ、問題だと思われる施設はあるんですよ」と、中さんはさらに車を走らせた。

 中央自動車道の小淵沢高速バス停の近く。

 「ここは雑木林を伐採して業者が太陽光発電所にしたんです。おそらくは工事で出たのでしょう。岩や石が放置され、こんな状況です」と中さん。

 「雑草が伸び放題で、発電効率も悪いですよ」と工学博士の同団体共同代表、帆足興次さんも顔をしかめる。

 昨年4月のFIT法の改正で義務づけられたはずのフェンスすらなく、自由に出入りできる。この発電所をどこの会社が所有しているのかも分からない。土地の所有者の一人によると、発電所は山梨県の太陽光専門業者という。「地元で説明会もやった。豪雨が起きると危ないっていう反対意見も出たけど…」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ