PR

ニュース 社会

8月末の豪雨、山形県が7市町村に災害救助法を適用

大雨で冠水した山形県戸沢村の住宅街=8月31日
Messenger

 山形県は1日、8月30日からの大雨で被害を受けた新庄市など県北の市町村に災害救助法を適用した。適用日は8月31日付。

 適用されたのは、新庄市のほか最上町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川村、戸沢村の7市町村。適用により、市町村が設置した避難所に避難した人の食事代や宿泊費、衣服代などの一部に国の補助を受けることができる。

 災害救助法の申請は、災害発生日から7日以内に都道府県が国に行うが、8月初旬の豪雨で、県は「時間的余裕がなく申請できなかった」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ