PR

ニュース 社会

収賄容疑で新潟・阿賀町の課長を逮捕 在宅医療システム構築事業巡り

Messenger

 町によると、事業はケアマネジャーやヘルパーが在宅医療などの利用者の情報を医師と共有するシステムを整備する内容。町と医師会の連携事業で、受注業者の決定権は五泉市東蒲原郡医師会にあったが、実際には村岡容疑者が「大きな影響力を持っていた」(捜査関係者)という。

 県警は、村岡容疑者が贈賄の疑いで逮捕された宮崎弘道容疑者と“蜜月関係”を築いた経緯などを詳しく調べる方針だ。

 事件を受け、神田敏郎町長は「驚き以外の何物でもなく、極めて残念。おわび申し上げる」と謝罪。同医師会は産経新聞の取材に対し「調査中のためコメントを差し控えたい」とした。

 県内で収賄事件での逮捕者が出たのは、柏崎市発注の電気設備関係工事をめぐる事件以来8年ぶり。(新潟支局 松崎翼)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ