PR

ニュース 社会

「裁判公開制度脅かした」 法廷切り付け被告に懲役16年求刑 仙台地裁 

今年1月、事件を受けて仙台地裁などが入る合同庁舎の入り口に設置されたゲート式金属探知機=仙台市青葉区(千葉元撮影)
Messenger

 仙台地裁の法廷で昨年6月、傍聴席にいた警察官2人にナイフで切り付けたなどとして、殺人未遂や威力業務妨害などの罪に問われた山形市の無職、淀川聖司被告(31)の裁判員裁判論告求刑公判が31日、仙台地裁(加藤亮裁判長)で開かれ、検察側は懲役16年を求刑、弁護側は無罪を訴えて、結審した。判決は9月6日。

 検察側は「心臓や肺の近くを刺した危険性の高い犯行で、強い殺意があった」と指摘。判決宣告を妨害し、当日の公判の中止やその後の警備強化など影響が大きいとして、「憲法が保障する裁判公開制度そのものを脅かした」とした。

 弁護側は当時、被告が心神耗弱状態にあったとして責任能力を否定。「被告は警察官と面識がなく、殺す動機や恨みもなかった」として殺人未遂罪が成立しないと主張。威力業務妨害罪については「叫んだのは悔し紛れで、故意が認められない」と述べ、無罪が相当と訴えた。

 起訴状によると、淀川被告は昨年6月16日、仙台市青葉区の仙台地裁の法廷で「この腐った司法制度が」などと叫び、証言台から傍聴席に乱入、隠し持っていたナイフ2本で警察官2人の背中や顔を切りつけて重傷を負わせ、裁判官らの業務を妨害したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ