PR

ニュース 社会

引受人いない死亡男性のカードを不正利用 埼玉・日高市職員を逮捕

Messenger

 引受人がいないため、市役所で遺体を引き取った男性のクレジットカードで買い物したとして、埼玉県警捜査2課は30日、詐欺の疑いで、同県狭山市広瀬東に住む同県日高市教育委員会の生涯学習課主査、中村裕之容疑者(47)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は、昨年8月2日、日高市内のドラッグストアで、死亡した男性=当時(79)=名義のカードを不正利用し、歯ブラシなど生活品(計約2700円相当)を購入したとしている。

 男性は平成28年11月に病死。遺体の引受人がいないことから、市役所が遺体と所持品を引き取っていた。中村容疑者は当時、社会福祉課の主査として業務に携わっていた。

 昨年1~8月、カード2枚で計約200万円分の使用履歴があり、県警は関与を調べている。

 日高市の谷ケ崎照雄市長は30日、職員逮捕について「市民の信頼を失墜させるものであり、深くおわびする。厳正に対処する」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ