PR

ニュース 社会

ゴミ収集車と塀の間に挟まれ38歳作業員が死亡 横須賀

Messenger

 30日午前11時半ごろ、神奈川県横須賀市坂本町の市道で、ゴミ収集車の男性作業員(38)=同市吉倉町=が、ゴミ収集車と民家の塀の間に挟まれ、病院に搬送されたが、胸を強く圧迫されており、約1時間後に死亡が確認された。

 同県警横須賀署によると、男性はほかの男性作業員1人とゴミ収集作業中だった。現場は上り坂になっており、サイドブレーキのかかりが甘かったために、マニュアル車の車体が後退したとみられている。男性は後退した車体を手で止めようとしたが止まらず、民家の塀との間に挟まれたという。同署が事故当時の詳しい状況を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ