PR

ニュース 社会

郵便未配達疑いで契約社員逮捕 3万7千通か 宮城

Messenger

 宮城県警は30日、郵便物を配達しなかったとして郵便法違反の疑いで宮城県登米市、郵便局契約社員、岩渕智彦容疑者(51)を逮捕した。

 逮捕容疑は、平成28年4月20日ごろから30年6月19日ごろまでの間、郵便物5通を配達せず、自分が所有する空き家に隠したとしている。

 県警によると、岩渕容疑者の車と空き家から計約3万7千通の郵便物が見つかり、一番古い郵便物は20年の消印のものだった。

 6月中旬、岩渕容疑者と夏祭りの準備をしていた住民が容疑者の車から郵便物を発見し、郵便局に知らせたことから発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ