PR

ニュース 社会

トリチウム水の海洋放出、初の公聴会 「県漁業に壊滅的打撃」「影響出ないレベルで」 福島第1汚染水

福島第1原発のトリチウム水(イメージ)
Messenger

 東京電力福島第1原発で汚染水を浄化して放射性物質トリチウムが残った処理水の処分をめぐり、国の有識者会議は30日、国民の声を聴く公聴会を福島県富岡町で初めて開いた。公募で選ばれた14人が意見を述べ、福島県漁業協同組合連合会の野崎哲会長は海洋放出について「国民の理解を得られていない現状では、県漁業に壊滅的打撃を与えることは必至で、強く反対する」と表明した。

 処理水は第1原発構内に約92万トン、タンク約680基分が貯蔵されており、日々増加している。トリチウムはエネルギーが弱く、他の原発や事故前の第1原発では希釈して海に放出している。しかし、事故後は風評被害の懸念があるため、有識者会議が6年にわたって処理方法を検討。海洋放出▽地層注入▽水蒸気放出▽水素放出▽地下埋設-を候補に絞り込み、このうち費用などの面で海洋放出が最有力とされている。

 公聴会では事務局の資源エネルギー庁が検討経緯を説明した後、意見表明者が発言。海洋放出に反対の声が大半を占め、漁師の小野春雄さんは「試験操業の実績を積み上げてきたのに、トリチウムの放出により、なし崩しにされることに恐れを感じている」と訴えた。同県いわき市議の佐藤和良さんは「タンクなどで陸上保管を進めることが現実的だ」と述べた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ