PR

ニュース 社会

令状取得したGPS捜査「違法性なし」 自動車盗事件、千葉地裁が実刑判決

千葉地裁の野原俊郎裁判長
Messenger

 千葉県警が2016年、全国で初めて裁判所の令状を取り、捜査対象者の車に衛星利用測位システム(GPS)端末を取り付けた捜査手法の適否が争われた自動車盗事件の判決で、千葉地裁(野原俊郎裁判長)は30日、今回の事件でのGPS捜査に重大な違法性はなかったとの判断を示した。その上で、窃盗罪などに問われた男に懲役10年、罰金30万円(求刑懲役12年、罰金50万円)を言い渡した。

 弁護側によると、令状を取得したGPS捜査の適法性を巡る初の判決。昨年3月の最高裁大法廷判決は令状なしでのGPS捜査を違法と初判断しており、令状を得た場合の捜査についても「疑義がある」と言及し、立法措置を求めていた。警察庁は令状の有無にかかわらずGPS捜査を控えるよう既に通達している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ