PR

ニュース 社会

浦和で人気の「魔女のコッペパン」で食中毒 3日間の営業停止処分

Messenger

 さいたま市保健所は28日、調理パンを食べた都内の男女9人が食中毒症状を発症したとして、調理パンを製造した同市浦和区の菓子製造業者「魔女のコッペパン」に対して、食品衛生法に基づき28日から3日間の営業停止処分にしたと発表した。

 同保健所によると、21日に都内の百貨店で販売した「ガパオ風パクチー肉炒めコッペパン」を食べた30~70代の男女9人が同日夜から22日午前にかけて、下痢や嘔吐(おうと)などの症状を訴えた。全員、快方に向かっているという。

 届け出を受けて同保健所が調べたところ、発症者は全員、「ガパオ風パクチー肉炒めコッペパン」を食べており、潜伏時間も共通していることから、調理パンが原因と断定。具体的な原因物質を調べている。

 魔女のコッペパンは地元の人気店で、ディボーネクラフト(川口市)が運営。都内の百貨店に臨時出店していた。同社はホームページで今回の食中毒事件について、謝罪とともに、従業員の衛生教育の見直しなど再発防止策を掲載している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ