PR

ニュース 社会

NPO理事長を書類送検 動物虐待容疑 茨城

Messenger

 茨城県警水戸署は、自ら運営する動物保護施設で預かった猫を虐待したなどとして、動物愛護法違反の疑いで、茨城県内に拠点を置くNPO法人の男性理事長を書類送検した。送検は15日付。関係者への取材で分かった。

 書類送検容疑は、平成28年7月ごろ、法人が運営していた施設で猫をたたくなどしたとしている。

 動物虐待などを調査している長野県の団体が昨年12月、同法違反容疑で刑事告発していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ