PR

ニュース 社会

【文科省汚職】東京医科大不正入試で女性向け弁護団結成

記者会見する「医学部入試における女性差別対策弁護団」共同代表の角田由紀子弁護士=21日午後、文科省
Messenger

 東京医科大による不正入試の被害者救済を目指し、全国の弁護士57人が21日、「医学部入試における女性差別対策弁護団」を結成した。過去に同大を受験した人や保護者らから電話やメールで相談を受け付け、必要に応じて大学側に成績開示や受験料の返還などを求める方針。

 メンバーの弁護士が同日、文部科学省で記者会見した。共同代表の角田由紀子弁護士は得点操作について「女子学生への許しがたい差別行為だ」と強調。女性と同様に得点を低く抑えられていた3浪以上の男性や、他大学の医学部入試で不正を受けたと感じている人からの相談にも応じる。

 弁護団にはすでに同大を今年受験して2次試験で不合格となった女性らから相談が寄せられている。弁護団では25日午後1時から午後4時の間、無料の電話相談会を開く。番号は044・431・3541。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ