PR

ニュース 社会

【西日本豪雨】自衛隊の派遣活動終了 3万人規模で被災地支援 地元からは感謝の声

Messenger
真備町地区の避難住民らの見送りを受けて引き揚げる自衛隊の車両=倉敷市
真備町地区の避難住民らの見送りを受けて引き揚げる自衛隊の車両=倉敷市

 防衛省は18日、西日本豪雨における自衛隊の災害派遣を終えたと発表した。7月6日から最大約3万3100人、船舶28隻、航空機38機を投入し、人命救助や物資輸送、給水支援などに当たった。

 岡山県の伊原木隆太知事は18日、自衛隊に対し活動の必要性が解消されたとして撤収を要請した。県庁で陸上自衛隊の派遣部隊長に「人命救助から生活支援まで本当に頼りになった」と謝意を伝えた。自衛隊は1府7県で災害派遣を展開してきたが、岡山での支援が完了したことで全ての派遣活動を終えた。

 防衛省によると、自衛隊の活動は、人命救助・孤立者救助2284人、給水支援約1万8973トン、入浴支援9万4119人、給食支援約2万食に上った。燃料や水などの物資輸送、がれき処理、道路啓開、水防活動なども行った。

 自衛隊は西日本豪雨を受け、全国約150の部隊から隊員を動員。元自衛官で民間企業などに勤める「即応予備自衛官」約300人も招集した。即応予備自衛官の招集は東日本大震災、熊本地震に続き3回目で、大雨災害では初めてだった。

 炎天下での過酷な活動が続き、熱中症にかかる隊員も出た。軽装での作業や短時間での交代制などの工夫で乗り切った。

 被災地からは感謝の声が上がっている。入浴支援の利用者によるノートの寄せ書きには「こんなことになって初めて自衛隊の方の大切さ、すごさがわかりました」との感想もあった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ