PR

ニュース 社会

顧客の定期預金を勝手に解約 スルガ銀行、1億6500万円流用の行員を懲戒解雇

スルガ銀行本店=静岡県沼津市(飯田耕司撮影)
Messenger

 スルガ銀行(沼津市)は14日、顧客3人の定期預金を不正に解約して約1億6500万円を横領したとして、本店営業部の男性行員(40)を懲戒解雇したと発表した。処分は13日付。

 同行によると元行員は平成27年4月から今年6月にかけて、顧客3人の定期預金計約1億6500万円を勝手に解約し、その大半を自分が担当する取引先への融資金として流用していた。今年6月に顧客からの問い合わせで発覚し、同行が調査していた。元行員は事実関係を認めているという。

 同行は金融庁に報告しており、今後元行員を刑事告訴する方針で、関係者の処分も検討している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ