PR

ニュース 社会

台風15号、九州上陸へ 通過後も大雨警戒を

Messenger

 台風15号は14日、日本の南の海上を北西に進んだ。同日夜から15日朝にかけて九州に上陸する見込みだ。台風が通り過ぎた後も湿った空気が流れ込み、総雨量が多くなるとみられる。気象庁は暴風や高波のほか、土砂災害や浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、台風15号は14日午後3時現在、宮崎市の東南東約350キロの海上を時速約30キロの速さで北西へ進んでいる。中心の気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心の東側280キロ以内と西側170キロ以内では風速15メートル以上の強風域になっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ