PR

ニュース 社会

【新潟林道遺体】殺害女性は新潟市の24歳と判明 1日に自動車で出掛け帰らず

女性の遺体が見つかった現場から約300メートル離れた林道の入り口=13日、新潟県十日町市(太田泰撮影)
Messenger

 新潟県十日町市の林道で女性の他殺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、十日町署捜査本部は14日、遺体は新潟市中央区の職業不詳、谷愛美(まなみ)さん(24)と判明したと発表した。足取りや交友関係などについて調べている。

 事件は11日午後4時20分ごろ、十日町市伊達の林道をバイクで走行中の男性が一部白骨化した遺体を発見。県警は12日に殺人・死体遺棄事件と断定、捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、谷さんは1日、父親に外出することを伝え、自家用の軽自動車で出掛けた。その後、「遅くなるかも」と連絡があったが、4日まで帰宅しないことから父親が新潟署に届け出た。谷さんの軽自動車は9日、新潟市内の商業施設で見つかった。

 捜査関係者によると、遺体の背中に刺さったままだった刃物は包丁だったことが判明。遺体は死後10日前後経過しており、現場の形跡などから殺害された後、短期間で現場まで運ばれ、遺棄された可能性が高い。発見される数日前に遺棄されたとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ