PR

ニュース 社会

連続女性刺傷、男に懲役4年判決 千葉地裁、心神耗弱と認定

Messenger

 平成28年8月、千葉市と千葉県船橋市で女性2人が刃物で刺された事件で、傷害や銃刀法違反などの罪に問われた埼玉県ふじみ野市の無職、大野駿被告(23)に対する判決公判が千葉地裁で14日、開かれた。岡田健彦裁判長は「犯行は悪質性が高いが、犯行当時、心神耗弱(こうじゃく)状態だった」として、大野被告に懲役4年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。

 判決によると、大野被告は28年8月23日午後5時ごろ、千葉市中央区の路上で女性=当時(14)=の背中を果物ナイフ(刃渡り約9センチ)で刺して全治1カ月の重傷を負わせ、約1時間半後にも船橋市内の路上で別の女性=当時(19)=の尻を刺して全治3週間のけがをさせた。

 岡田裁判長は「犯行には被告人の重度知的障害が影響した。犯行当時、善悪を判断する能力は限定的だが失ってはいなかった」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ