産経ニュース

東日本で大雨、雷の恐れ 土砂災害などに警戒

ニュース 社会

記事詳細

更新


東日本で大雨、雷の恐れ 土砂災害などに警戒

13日午前9時30分時点での天気図(気象庁ホームページより) 13日午前9時30分時点での天気図(気象庁ホームページより)

 関東甲信や東海地方など東日本では13日午後を中心に大気の状態が非常に不安定になり、雷を伴って局地的に1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降る恐れがある。気象庁は13日、土砂災害や浸水、河川増水への警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、太平洋高気圧の縁を回って暖かく湿った空気が流れ込み、日中の気温上昇の影響もあって、東日本では大気の状態が非常に不安定になる見通し。ひょうが降る恐れがあり、気象庁は農作物や農業施設の管理に注意するよう求めている。

 14日午前6時までの24時間予想雨量は、関東甲信地方、東海地方の多い所で、それぞれ100ミリとされている。

「ニュース」のランキング