PR

ニュース 社会

【新潟林道遺体】遺体は20代女性か、背中に刃物刺さったまま発見 県警が殺人・死体遺棄容疑で捜査本部設置

女性の遺体が見つかった現場付近の山林=12日午後6時45分、新潟県十日町市
Messenger

 新潟県十日町市の林道で11日に発見された遺体について県警は12日、背中に刃物が刺さっていたことなどから殺人・死体遺棄事件と断定。同日午後、同容疑で十日町署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、11日午後4時20分ごろ、同市に住む40代の会社員男性が林道をバイクで走行中に遺体を見つけ、同署に通報。同署員が、一部が白骨化し、背中に刃物が刺さった状態でうつぶせに倒れている遺体を発見した。

 司法解剖で遺体は20代くらいの女性と判明。黒髪で身長約163センチ、黒いカーディガンにボーダー柄のキャミソール、薄青色のワイドパンツを着ていた。着衣に乱れはなかったが、靴は見つかっていない。

 背中には複数の刺し傷があり、一部は骨に達していた。死亡時期は8月初旬とみられ、上半身の腐敗が激しかったという。

 身元を示す物は見つかっておらず、捜査本部は県内の身元不明者情報を照会するなどして確認を急ぐほか、死因の特定なども進めている。

 現場は未舗装の林道で、周囲には田んぼが多く、人気がないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ