PR

ニュース 社会

【防災ヘリ墜落】東邦航空がHPに謝罪コメント 社員2人も死亡

新潟県中越地震で孤立状態となった山古志村(現・長岡市)の住民を救助する群馬県の防災ヘリ「はるな」=平成16年10月24日(本社ヘリから、大山文兄撮影)
Messenger

 群馬県の防災ヘリコプターが墜落して9人が死亡した事故で、運航を委託されていた東京都江東区の東邦航空は11日、ホームページに「多大なご迷惑をお掛けし申し訳ございません」とするコメントを掲載した。

 ヘリには、県防災航空隊員の4人と吾妻広域消防本部の5人が搭乗。防災航空隊員のうち、機長の天海紀幸さん(57)と整備士の沢口進さん(60)は東邦航空の社員だった。

 東邦航空はこれまで、記者会見で経緯を説明するなどの対応は取っておらず、コメントの中で「弊社社員2名を含む乗員9名の方全員の死亡が確認されました。今後、事故に関する情報は群馬県様主体のもと情報発信をさせていただきます」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ