PR

ニュース 社会

【防災ヘリ墜落】同型機は各自治体の防災ヘリや警察、海保に広く普及 事故も相次ぎ、専門家「山での操縦の難しさ」指摘

Messenger

 このため、青木氏は「山岳部では地表をよく見ようとして樹木に接触したり、急に予想しない強い風が吹いたりすることもある。操縦の難しさが事故につながった可能性がある」と指摘している。

【用語解説】ベル412EP

 米ベル・ヘリコプター・テキストロン社の多用途ヘリコプター。自治体の防災ヘリなどに広く使われている。全長約17.1メートル、高さ約4.6メートルで、メインローター(主回転翼)の直径は約14.0メートル。巡航速度は時速243キロで、航続距離は約783キロメートル。群馬県のホームページなどによると、定員は15人。総飛行時間は7000時間を超えているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ