PR

ニュース 社会

東北新幹線が約1時間運転見合わせ 早朝、仙台駅で信号故障

Messenger

 10日午前5時10分ごろ、JR東北新幹線仙台駅構内の信号が故障し、東京に向かう列車が始発から約1時間運転を見合わせた。JR東日本によると、午前7時10分ごろ復旧した。

 信号は車両に通行の可否などの情報を送る仕組み。始発が発車していないのに東京の指令室に列車が走行中であることを示す情報が届き、異常に気付いた。JR東は信号の通信装置かシステムのトラブルかを含め、原因を調べている。

 やまびこ204号など、仙台発東京行きの計4本が最大52分遅れ、約3100人に影響した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ