PR

ニュース 社会

塩素ガス漏れ、14人搬送 旭川の日本製紙工場

塩素ガスが漏れた日本製紙北海道工場旭川事業所から負傷者を搬送する救急車=9日午後、北海道旭川市
Messenger

 9日午後2時半ごろ、北海道旭川市パルプ町、日本製紙北海道工場旭川事業所で塩素ガスが漏れ、従業員14人が救急搬送された。消防などによると、自力で歩行が困難な人もいるが、全員意識はあるという。同社によると、建物内で天井からコンクリート片が落下し、パルプの漂白に使う二酸化塩素を通すパイプが破損、ガスが漏れたとみられる。

 従業員らはせき込んだり、涙を流したりし、体調不良を訴えた。同社はガスが漏れた区画を密閉し、工場周辺に被害が出る恐れはないとしている。

 現場はJR新旭川駅に近く、工場や商業施設が立ち並ぶ地区。旭川東署や消防が詳しい状況を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ