PR

ニュース 社会

日大チア監督、パワハラか 女子部員が被害訴え

日本大学本部=東京都千代田区(萩原悠久人撮影)
Messenger

 日本大応援リーダー部(チアリーディング部)の女子部員が9日、女性監督から暴言などのパワハラを受けたとする声明を、代理人弁護士を通じて報道機関に公表した。自殺を考えるほど精神的に追い詰められ、学内の保健体育審議会に対応を求めたが、解決につながらなかったとしている。

 声明によると、パワハラ行為があったとしているのは、今年2月上旬。女子部員は当時、負傷のため受けた手術の術後経過が悪く、リハビリを続けたいと希望していた。

 監督は「成績を残せないどころか、けがで試合すら出られない」と非難。さらに、練習前に全員の前で、身に覚えのないことで激しくとがめた。けがの具合にも疑いをかけ、大会に強行出場させようとしたという。

 部員は、審議会や学部に助けを求めたが「日本大としてできることはもうない」と対応を打ち切られたと訴えている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ